2017年11月22日水曜日

MBAホルダーがおススメしたい転職エージェント!

転職エージェントよプライドを持て

前回記事より
転職エージェントへの厳しい批判が続いたので、
読んでいただいている方は
少し疲れてしまったかもしれません。

取り上げた方以外にも転職希望者に対してリスペクトのない
エージェントが何人もいたので、本当はこれくらいでも足りないくらいです。
単なるお仕事の紹介をしているのではなく、
ひとりひとりの人生やキャリアを扱っているのだという
プライドを持ってもらいたいと願い書かせていただきました。

私たちのキャリアに対する意識が変われば、
彼・彼女らも企業のニーズに応えるためには、必然的に私たちのニーズにも
応えざるを得なくなることでしょう。

過去の経歴だけでマッチングするくらいなら、
AIのほうがよっぽどこれからは信頼できるようになります。
転職エージェントが人でなきゃならない理由を突き詰めていけば、
私のようにAIでは探しきれない新しいペルソナに見合ったキャリアを
共に探してくれるパートナー、まだ可能性でしかないペルソナを
先駆けて承認してくれるような存在であるべきでしょう。

理想の転職エージェント

転職エージェントたちとのやり取りには、
ほとほと愛想をつかされましたが、
その中でも一人だけ、素晴らしい理想的なエージェントが
いらっしゃいましたのでご紹介します。

どちらの転職サイトからだったか忘れてしまいましたが、
Axis Consultingというコンサル系の仕事紹介に強い会社の方です。
仮名でK氏とします。K氏からのスカウトメールがきっかけでお会いしました。
こちらのエージェントを通して最終的に転職することはできませんでしたが、
今でも連絡をとらせていただいています。

K氏のどこが素晴らしかったかというと、
働きながら転職活動している私の時間などを
ご考慮いただいたのはもちろんのこと、
オフィスでの面談、2名体制でまずはしっかり
聴き取りしていただいたことなどが、
他のエージェントとは違いました。

事前リサーチをしてくれた

そしてとくに驚いたのは、
私の前著「40からのMBA留学」
買って読んでいただいていたことです。

非常に嬉しかったです。

このようなことは、後にも先にもありませんでした。
私がMBAを志し、取得するまでの体験談を綴った本ですから、
読めば30分面談するよりも多くの情報が得られるはずなのに、
誰も気付かないというのはもったいない話です。
(検索すればちゃんと出てきます)

営業のハウツー本を読んでいても、
相手企業のホームページやその企業の経営者がSNSで
どのような発言をしているかを事前に調べておくのは、
今や「エチケットだ」というくらいですから、
企業の採用側ばかり見ていないで、
実際の売り上げに貢献する私たち転職希望者のほうに
しっかりと寄り添ってもらいたいところです。

さすがコンサルティング会社と関係が深い企業の方だけあって、
こういった顧客との信頼関係を築くためのノウハウを学んでいるのでしょう。
面談していても私がなぜ建築から人材開発へとキャリアシフトしたいかを
よく理解していただき、話しやすかったです。

私の新しいペルソナを理解したうえで

「人材開発や組織変革のコンサルティングに最初から絞り込まなくても、
企業の経営全般における課題を解決していく中で組織開発という視点での
コンサルも出てくるのではないでしょうか」

というアドバイスをK氏からいただき、
この言葉が自分にとっては大きな気づきを与えてくれる一言として
後の転職活動にも大きく影響を与えました。

大きなチェンジよりスモールWIN

この連載を通してご紹介しているイバラ教授のワーキング・アイデンティティでも、
古いペルソナから新しいペルソナへのジャンプで多くが失敗していると言います。
古いキャリアと新しいキャリアのギャップが思った以上に深いからです。

ここで重要なのは、古いペルソナを無視してはいけないということです。
やはり今まで培ってきた専門的な知識や経験は、transferable skill(変換可能なスキル)
として利用可能だということを意識する必要があります。

「イノベーションのDNA」の著者クリステンセンもT字型人材、
すなわち縦軸に専門性を持ち、横軸に広い視野(MBA的なビジネスの全体像)をもった
人がイノベーターや起業家に多く、固定観念にとらわれない柔軟な発想で仕事ができる人々なのだそうです。

何かしら古いペルソナと折り合いをつけていくようなキャリアシフトが
現実では上手くいく確率が高いということで、
K氏が勧めてくれた「建築系企業に特化したコンサルティングファーム」などは、
私にとってまさにこのT字型モデルの典型であり、
イバラ教授のいう「大きなチェンジよりスモールWIN」
実践できるようなポジションであったので、
ドンピシャなアドバイスだったと思います。

K氏自身はここまで私の思考プロセスは知らなかったでしょうが、
前回、良い転職エージェントの条件でもお話ししたように、
「選択肢の幅を広げてくれるアドバイス」をしてくれた唯一のエージェントです。

「上司になる方が年下なので、あなたの年齢では(年上すぎて)ちょっと難しいかも」
とか、平気でエイジズム(年齢差別)を持ち出すエージェントもいますので、
ぜひエージェント選びは、慎重に行っていただきたいとおもいます。

生涯のキャリアパートナー

私が一押しの転職エージェント、
アクシス・コンサルティングさんは、
面談前のフォローや面談後のフォローもしっかりやってくれます。
不採用であってもその理由を一緒に分析してくれたりもします。

そのほかにも、自己啓発のためのセミナーや
異業種コンサルティング交流会など興味深いイベントを行っていたり、
メルマガで有益な情報を提供してくれたり、
頼れるパートナーになってくれます。

ホームページでも「生涯のキャリアパートナー」と謳っていますが、
私はこれが転職エージェントの存在意義だとおもうので、とても共感しています。
下手な転職サイトに登録するより、MBAホルダーなら
こちらの転職エージェントに直接御世話になることをおススメします。

最後に、唯一残念に思うのが、
私自身がもう少しK氏に対してアピールしていれば、
継続的にお仕事をご紹介いただけたのかなというところです。

3社ほど面談して、次に進めなかったので、
少しモチベーションが下がり、しばらく連絡をしませんでした。
今思えば、まだ足掻き足りなかったのかなとおもうところです。