2017年10月30日月曜日

キャリアシフトでは義理や体裁を考えてはいけない

かつて人生には目指すべきモデルがあり、自然と人生設計ができていた。
今は、何をやったら「合格」「100点」かわからない中で、人生100年、自分の生き方を自分で決断しなければならない。 
経済産業省 次官・若手プロジェクト・ペーパーより


復職について正直な感想

今思えば…という話で現時点ではあまり生産的ではないのは承知していますが、
こういう結末なら、留学前に辞めてくればよかったとさえ思います。
恐らく、これからMBAを目指す方もいらっしゃるかと思うので、
今いる会社に残るというオプションを真剣に考えている方には、
その後のキャリアがどのようになっていくか、また、
まわりの反応などを参考にしていただければと思い、
正直な気持ちを書いてまいります。

私の今の正直な気持ちは、帰国後の貴重な1年が勿体なかったなと思っています。
会社のなかでMBA制度がしっかり構築されていて、
帰国後のフォローアップ体制や先輩の活躍など実例があるような会社であれば、
残る価値はあると思いますが、私が在籍していた企業のように
漠然と私費留学は認めるが、その後のフォロー体制を全く描けていない所は、
引き留めにあっても、情とか義理に流されず、
残らずにきっぱりとオサラバしたほうが、お互いのためになるでしょう。

日本特有のキャリア志向

「情とか義理を捨ててさっさと転職なんて、
そんな冷たい虫のいい話があるわけない。」

なんて日本では言われてしまいそうですが、
それでは逆に、今の仕事が10年後、20年後まで続けてあるという保証が
どこにありますか?と問いたいとおもいます。

シャープだって、東芝だって、優秀な企業でしたが、
まわりの変化に飲まれて危うい状況です。
これからは、収入の安心だとか安定だとかを企業に求めていく時代ではありません。
一人ひとりが、自分自身の選択によって、得意なことをキャリアとして積み上げて、
それを提供していく。
提供するスキルやコンテンツが寂れてしまわないよう
成長できる場を自ら選択するのであって、
決して企業に選ばれるのを待っているだけではありません。
よく半年、1年で転職しようとすると
なるべく長く残ってもらいたい企業には見栄えが悪くなるから
と思って我慢している方がまだまだ多いようですが、
自分自身が最大限活かされて、成長できる場を探しているのですから、
期間などまったく関係ありません。

世界のキャリア志向と幸福度

このようなキャリアに対する感覚は、
欧米では普通のことだと、オーストラリアに行って特に感じました。
オーストラリアでの経験では、平均勤続年数が2年程度なので、
1、2年で仕事先を変えるのはざらでした。

例えば私がシドニーで仲良くさせてもらっていたポーランド人のM氏は、
私が妻と一緒にシドニーへ来た2014年から現在(2017年)の3年間で
3回転職しています。
私の肌感覚だけでは、説得力がないので少し調べてみました。
労働政策研究・研修機構(JILPT)の国際労働比較データによると、
オーストラリアで10年以上勤続している労働者が、約23%しかおらず、
10年未満が77%でそのうち、3年未満が40.5%もいます。

一方、日本はと言いますと、勤続10年以上、45.1%で
勤続3年未満は、22.7%と約半分です。

そんなにころころ仕事を変えなければならない状況では、
安定しないしプレッシャーを感じているから幸せではないのではないか
という疑問もわくかと思いますが、その逆です。
国連のSDSNのWorld Happiness Report(2017年)による幸福度順位で
オーストラリアは、福祉国家の北欧諸国(ノルウェー、デンマーク、フィンランドetc)
に並び、8位に位置しています。

一方で日本は、何番目かご存知でしょうか?

51位です(笑)。

各国の平均継続年数の比較で行くと、
下のようになりますが、( )内が、幸福度の順位です。


  • ノルウェー 9.0年(幸福度順位1位)
  • デンマーク 7.4年(幸福度順位2位)
  • アメリカ  4.2年(幸福度順位14位)
  • 日本    12.1年(幸福度順位51位)


オーストラリアの平均勤続年数がデータとしてないので比較できませんが、
ご覧のように勤続年数が長いことが豊かな人生に貢献しているという認識は
少し外れているのではないかとおもうのです。

これからのキャリアシフトを考える

ここでもう一つ非常に興味深いデータをお見せします。
これは、経済産業省の若手官僚らがまとめた資料として
かなり賛否両論あったペーパーからの抜粋ですが、
イラスト1にあるように「正社員になり定年まで勤めあげる」
という生き方をする男性は、1950年生まれで34%のところ、
1980年生まれの方々は27%に減っています。

イラスト1
出典:2017 経済産業省, 不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~, p11.


左側が女性の生き方を結婚と家族の視点で描いていますが、
こちらも「結婚して、出産して、添い遂げる」という
生き方をする若手(1980年生まれをセグメントとして)が
減っているという内容です。少し間接的になりますが、
多様な働き方をする女性も圧倒的に増えているということだとおもいます。

ここで見ていただくとわかる通り、兼業、副業や社外に出る人、
非正規雇用、あるいは主夫(無職層)という選択肢もあるかとおもいます。
そんな多様な働き方をする人たちが日本国内でも増えているので、
若手官僚の皆さんいわく、
「高度経済成長の社会を前提につくられたシステム=昭和の人生すごろく、
すなわち、“サラリーマンと専業主婦で定年後は年金暮らし”では、
このような多種多様な働き方をする人々の100年人生を豊かにすることは
できないのではないか」ということです。

私たちは、一人ひとりが自覚をもって自分自身のキャリアについて
国任せ、社会任せ、企業任せにせず、これから来たる新しい社会の在り方を見据えつつ、
自らの選択肢を広げていかねばならないのではないでしょうか。



参考文献

 経済産業省  (2017).  "不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~".
 JILPT (2017).  データブック国際労働比較2017, p123.  
   Helliwell, J., Layard, R., & Sachs, J. (2017). World Happiness Report 2017, New York: Sustainable
   Development Solutions Network.