2015年11月25日水曜日

ミュージカル「Matilda」を観に!!


シドニーでアートを楽しもう!

私たちの住んでいた黒姫とは対照的なノースシドニー。
ここに住んでいて楽しいことのひとつに、
ハイレベルのアートパフォーマンスに触れられることがある。

こちらに来てから、シルクドソレイユの「TOTEM」に始まり、
「王様と私」、「アイーダ」、「レ・ミゼラブル」と素人でも名の知れたオペラやミュージカル、
また、映画トワイライト・サガの俳優が主演のコメディ「The Dog The Cat」
(別居中夫婦の飼い猫が突然コトバを話し出すとんでもなく想定外のコメディ)を観たりと、
夫婦ふたり、または仲良くしているクラスメートカップルと出かけたりと
勉学とは別にシドニーライフを存分に楽しませてもらっている。

これらのパフォーマンスが行われるオペラハウスCapitol Theatreは、
建物のデザインも特徴があるので建築好きなら内側からディテールを観るだけでも
かなり良い刺激になるのではないだろうか。

ミュージカルMatilda!

レ・ミゼラブルでかなりミュージカルの迫力のとりこになってしまい、
今回は、MBA最後の試験終了祝いということで、
翌日、ミュージカル「Matilda」を観に行った。



こちらは、Theatre Lyricというダーリンハーバーのカジノ施設に併設した
新しいコンプレックスで公開していたのだが、
私たちの住むノースシドニーからはフェリーに乗り、次の船着場で降りれば良い。

会場に着くと多くの子ども連れ家族が来ていた。
「しまった!選択を間違ったかな・・・」と私。

今回のミュージカルは、マチルダという小学1年生の女の子が
不幸な家庭環境や学校のルールに果敢に立ち向かう話。

「子ども向けか?」と一瞬思ったが、ふたを開ければ全くそんなことはなく、
むしろ、子ども達に全体のテーマが伝わっただろうか?と思うほど
なかなか深くて、面白い話だった。

ストーリーラインだけ追っていれば、普通に面白かったで済むと思うが・・・
私なりにハイライトを考えてみると・・・次のようなことが心に残った。

子ども達を、社会に適応できていない不完全なNuggets
(KFCのあのチキンナゲットように小さな塊という意味)
といって子ども達をルールでがんじがらめにする男勝りの女性Principal(校長)。
中身より見た目が大切と言い張って、読書好きで賢いマチルダの本質に気づかない両親。

そんな中、内気で自分に自信のない先生が、
マチルダの才能に気づいて伸ばそうとするひたむきな心。

ステレオタイプ的な型にはめたがる大人たちに
クリエイティブでちょっと茶目っ気ある戦略で
カウンター攻撃する子ども達の姿が活き活きと描かれていて
大人になっても失ってはいけないものを
子ども達から教えられる、というところが見所だったのではないかなと。



英語習得を超えること

もう一つミュージカルのよい所は、役者さんがはっきりと英語を発音しているので
リスニング強化にもってこいだというところだ。
特に日本人は、私も含めだが、いきなりアカデミック英語に行ってしまい
ジェネラル(一般的な)英語が使いこなせない。

このギャップを埋めるためにも、学校以外の環境で
英語を使う方法を自分なりに創りださなければ上達しない。

今回の公演を観て、最初こちらに来たてのころよりも
はるかにヒヤリングが良くなっているのがわかった。
ジョークを聴いて、まわりの観客と同じところでわっはっはと
笑えるようになると、単に「英語を聴くこと」を超えて、
そのコトバのコミュニティにどっぷりと浸かってる感があって
日本ではなかなか味わえない感覚がある。
実践英語は、こういう感覚を味わいながら、
頭で覚えるのではなく身体で習得するものだ。

Education kills creativity

Matildaを観ていて、ふと思い出したのが、
Ted Talkで今の教育は子どもの
クリエイティビティ(創造性)をないがしろにしているという
サー・ケン・ロビンソンの話。彼の主張は、読み書きを教えるのと同じくらい
子どもの芸術センスやクリエイティビティに重きを置くべきだということなのだが、
そのなかでのエピソードが面白い。

5歳くらい(記憶が定かではないが)の子が絵を描いていて、
先生が「何を描いているの?」
とその子に聴いたところ、「神様の絵を描いているんだ」と。
それに対して先生は真面目な顔をして、
「でも私たちは神様にあったことさえないのだから、どんなかわからないはずでしょ?」
そうしたら、その子はそっけなく
「You would know in a minute! (もうあとちょっとで、どんなんかわかるよ!)」
と返されたそうだ。
彼が今描いているのがそのまぎれもない「神様」だから。


これを聴くと大笑い。
どこでこの無限に広がるイマジネーションの世界に
狭い囲いをつけてしまったのだろうとおもってしまう。
知らず知らずに自分で自分を狭い囲いのなかに閉じ込めてはいないだろうか?