2014年8月12日火曜日

嗚呼、麗しのプラマーよ!ありがとう!!




Take your time.

                           C_TONOKI



テレビ番組も予定通りじゃないの?


「あれっ、おっかしいなぁ、今日ドラマのホワイト・カラーて7時半からだよね?」

「番組表にはそう書いてあるけどー」と妻。

そうこうしているうちに7時37分くらいから、お目当てのドラマが始まる。

「テレビ番組まで遅れるんかね…」とふたりで苦笑い。
どうもオーストラリアでは、「時間通り」の定義が私たち日本人と微妙に違うようだ。

妻に言わせれば、「約束したことは、なんとなーく…ちゃんと進んでいくんだよ」
なのだそうだ。



思い出したかのようにやってくる業者たち


確かにそうかもしれない。

アパートに入居し始めたころ、バスルームのドアが閉まらなかったり、
存在するすべての蛇口が閉まらなくてポタポタ水滴がうるさかったので
早速不動産屋に直してくれと言ったところ

1週間経って、そろそろ催促の連絡をしなければと思っていたころに
「明日ドアを直しに行くから」と修繕大工から連絡が来た。


おそらく日本でなら、リフォーム会社のコーディネーターが状況を確認しに来て
どのような職種が必要かを確認、その後、それぞれの職方に日程の調整をして
特に住んでいる家やアパートのリフォームは、住人に不便をかけるので
なるべく一日で済ませるように準備をする。

私も建築に関しては素人ではないので、1日でできるだろうとたかを括っていた。


翌日、若い修繕大工が来て、昼過ぎまでかけてドアの不具合を直してくれた。

「蛇口の漏れは、見てくれないの?」

こちらのシステムのことは全く分からないので尋ねると

「僕は、Repair carpenterだから、水道のことは不動産屋に聴いてみてね!」

と言われ、彼はドアを削った鉋屑だらけのバスルームを、掃き掃除だけして帰って行った。
残りを綺麗にするのに30分かかった。


やっと直してくれると思いきや…

その後不動産屋に蛇口の漏れのことを聴いてみようと思っていたころに
プラマー(水道屋)から連絡があった。

三日後に来てくれるとのこと。
安心して、その日を待った。

アポの日当日。
大柄な男のプラマーがツールボックス片手にやってきた。

昼前にやってきて、何処が漏っているのか見せてくれというので
台所、バスルームの洗面、バスタブの蛇口へ連れていく。

は~これでやっと蛇口の水滴音に煩わされずに済むな、と思って
リビングで自分の作業をしていたところ、ガッシャーンとバスタブにモノが落ちる音。

(なんだか粗いな)

大柄のプラマーがバスルームから出てきて、
道具を取りに行くからと部屋を出て行った。
その隙にバスルームを見に行くと…

水もお湯も止まらないらしく、水栓ハンドルが外されたまま、あちらこちらに
プラマーの汚い足跡と油を触った手でバスタブには黒い手形がついている。
結局この日は、水栓自体に問題があるということで後日取替えることになった。

もちろん足跡もバスタブの手形もそのまま。
プラマーが帰ってから綺麗にするのに30分かかった。




別のプラマー君がやってくるも…

約一週間後、今度は、ブロンド短髪で細身男のプラマーがやってきた。
朝の7時半。こちらの建設業者の「朝一番」はこの時間らしい。

「すみませんが、トイレ借ります」

開口一番、朝一の大仕事は、「大便」か!?(食事中の方、申し訳ありません)
普通リフォームの現場では、お客様に遠慮して事前に済ませてくる。

もちろん心の広いジェントルマンなので、「どうぞ」と言ったが、ちょっと不安がよぎる。
朝一番の「大仕事」が終わると作業にとりかかるが、30分もしないうちに
道具を取りに部屋を出ると言う。セキュリティキーは信頼できないので渡さなかった。

アパートは3階で、セキュリティキーがなければ、外には門があって建物の中に入れない。
キーがない場合、呼び鈴を鳴らしてもらい、こちらでロック解除してあげればよい。
建物の外に道具を取りに行くのはせいぜい1、2回位だろうと思っていた。

私も現場勤務の頃、アパートのリフォームでは、
モノを取りに行く回数を最小限にすることが効率よい仕事をするための
必要条件だとすぐに学んだ。

しかし、このプラマーときたら、10分ぐらい現場で仕事すると、すぐ外へ出て、
また建物に入るために呼び鈴を鳴らす。

5分現場、10分外。10分現場、20分外。現場と外の割合は、どう考えても1:2。
外のほうが多い。一度は、30分ぐらい出たっきりで帰って来ないので、
何か事故にでもあったのかと心配になったくらいである。

バスルームのなかは、大変なことになっていた。
バスタブのある外壁に面した水栓がタイルとともに取り除かれ
構造のブロックがむき出しに削られている。
水栓金具だけではなく、配管自体が古くてうまく水が止まらなかったらしい。

「剥がしたタイルは、タイル屋さんがあとで来るのかい?」

おそるおそるプラマーに聴いてみる。

「いや、6枚くらいだから、僕が張り替えて、完璧に戻して帰るつもりだよ!」

この答えを聴いた時には、もう午後2時半を過ぎていた。

(無理でしょ!)

今日一日で終わるはずがない…心のなかでため息をつきながら、リビングへ戻った。

暫くして、午後3時を過ぎる頃、案の定彼がやってきて、あと2件今日中に行かなければ
ならない仕事があるので、また別の日に来させてくれとのこと。
週末だったので、次の予定日は、週明けの火曜日になった。




プラマー君再び来たる!


待ちに待った火曜日。直し始めてから既に2週間が過ぎている。
午前7時半に例のブラマーボーイが呼び鈴を鳴らす。
部屋に来て、開口一番、恒例の「大・仕事」がしたいと。

(またか!?)

今日で終わるはずだからと、仕方なくOKと言った。
そしてまた現場→車→現場→車→現場のループが始まったのだが、ラストスパートがすごかった。
バスタブのタイルを張り替え、水栓を取り付けると、次に洗面のハンドルを取替え、
最後に台所のパッキンを取替えてくれた。昼過ぎにすべて完了。

なんとか終わってホッとした。

あとから知り合いに聴いた話では、プラマーに修理をお願いしたら
バスタブをはずされて、挙句の果てに元通りに戻せないと手を上げられたらしいから
それに比べたら、まずまずといったところだろうか。

自分でカネを出すなら文句を言いたいところだが、不動産屋の修理だから
まぁこんなものかと諦めた。


正直、タイルを壊す音や、何十回も呼び鈴を鳴らされるのもうんざりしていたので
蛇口の水滴の音などどうでもよくなっていた。

会社から帰ってきて妻に一部始終を話した後
水滴音のない、久しぶりの静けさのなかでベッドについた。
ウトウトとし始めたころ・・・

ジュルル!

と今まで聞いたことがない音がバスルーム方面からしてくる。
ん?まさかと思いドアを開けて、バスタブと洗面の水栓を眺めてみる。
前のようにポタ、ポタと漏っている形跡はない。
気のせいかと思い、ベッドに戻ろうとしたその瞬間!!

ジュル!

まさに取替えたばかりの洗面の蛇口から
今度は、大粒の水が徐々に耐え切れなくなって漏れてくる音だった!?

なんと!「麗しの」プラマーは
蛇口から漏れる
水の音(ね)を
「ポタポタ」から「ジュルル」へと
見事に変えて
みせたのである!

OMG!!(オーマイゴッド!)

・・・




今では、ジュルルという水滴音も
プラマーが繰り出す騒音とストレスに比べれば
子守唄のように思えてくる。

このことがあってから、私たち夫婦は、多少のイレギュラーな出来事があっても
あまり驚かなくなった。

「まぁこんなものか…」と思ってなければ、やってられない。
あらためて日本の皆さんの「仕事キッチリ」ぶりに気づかされた。
何事もクレームばかり言ってないで、
普段当たり前と思っていることにもっと感謝しなければならない。