2014年5月26日月曜日

MBAの資金計画~私たちの場合。


「私たちの」としたのは、私一人では到底無理だったからだ。
妻とふたり、収入が2倍だったから、なんとか実現できたのだとおもう。
お金の話のまえに、このような賭けに出る場合は、家族の了解がないと
決してうまくいかない。

特に夫婦ダブルインカムの場合、
「資金繰り」ならぬパートナーの「資産さぐり」から始まる。


私の給料は、ほぼ生活費として消えていくので自分の貯蓄は期待できない。
そうなると、妻の「へそくり?」をあてにするしかない。

「あのさぁ、今ウチの貯金ていくらだっけ?」
(彼女のものなのだが、あえて「ウチの」と言ってみる)

「えっ何の話?あなたが持ってなきゃ、ないんじゃないの。」

来た!いつものパターン。

実は、このような資金繰りは今回がはじめてではないので、
妻も警戒している。

一級建築士の資格を取るために、学校に通う資金も妻からの融資をうけた。
最終的にその融資の返済は、無事完了したのだが、
その後も、今の住まいを土地から建物まで完成させるのに、
「莫大な」妻融資を受けてまだそちらは、完済していない。

私「そっか…MBAに行くのに、融資は降りないかと…」(甘い期待をしていたが)

「貯めるしかないよ」

と先に結論を言われてしまった。。。

まだ、行先も決まっていない3年前のことである。

それでも、「ふたりで海外へ行く貯金」と名付け、毎月使っていなかった口座に
ふたりで少しづつ貯めていったのが、
今回のチャンスを実現する一つのステップだったと今になっておもう。

その時の内訳はこうだ。

MBA     240万(デンマーク・オーフス大MBA
渡航費    40万
生活費    108万
計        388万
(当時、ユーロは120円だったので、現在のユーロ換算だと55万円増えている。)


その1年半後、オーストラリアに決まっても、配偶者として妻の会社に
渡航費や健康保険をみてもらえることになったのだが、MBAの費用としては
400万を先に貯めておいて結果的に良かった。

もちろんこれをふたりのために使うのと、私一人のために使うのとは
まったく目的が違うので、最終的には、やはり妻の「合意」が必要なのは言うまでもない。

私が選んだ、University of WollongongのSydney Business Schoolの費用は、
去年までA$38,000だったのだが、運が悪く今年値上がり。
最終的にA$45,000と一気に値上がりしてしまった。

MBAの授業料だけで、430万ということだ。
それ以外に、通常なら渡航費、学生用生命保険、向こうでの生活費が必要になる。
学生ビザを取るのも、渡航検診(2万+東京指定病院への旅費)と申請費用(5万)で
約9万ほどかかる。

それ以外に、社会人ならば…

①前年の所得に対する住民税が海外に行ってから発生する
②退職するなら、任意の国民年金の支払いも発生する
③積立貯金や月払いの保険料も解約できないものは支払いが発生する。
④家を所有する者は、固定資産税が発生する。

これらの費用が、仕事をしなくてもいやがおうでもかかってくる。

「ゼロからのMBA」で元NHKディレクターの佐藤智恵さんが、
親ローンを活用してコロンビア大へ行った(卒後ちゃんと返済されたらしい)
と書いてあったが、それもそうだろうなとおもう。

ウチの場合も非常に厳しい資金繰りだった。

家のローンもあるし、ざっと計算しただけで
合計800万(妻の住民税、年金等含む)ほどの資金をどう工面しようか。
それこそ親に借金をお願いしようかまで考えて、話までしたが
思いとどまり、そこまではさすがにやらなかった。


最終的には、MBAの値上がり分は、私の7年間の
年金積立を解約してなんとか充てた。

「帰ってきたら、投資してもらった分を
必ずやお返し申し上げますので、何とぞ、なにとぞお願い申す~」

と言ったら、

「うーん、やむなし!」とまでは言われなかったが
妻は、なかば諦め(or呆れ?)モードでいたにちがいない。

どちらにしても、思い立ったらまず資金繰り。
隠れたコストを見える化して、早い段階で可能性を見極める。
会社が行かせてくれるならいいが、自費で行く場合
四十代はそんなに悠長に構えてははいられない!!

「場所や期間」の絞り込みも重要だが
ある程度の目処をつけるには、早めに
「先立つもの」の確保が必要だとおもう。

そして、家族のある日本男子には共通事項だとおもうが…

「我が家の大蔵大臣」への『許認可申請』を決して忘れてはならない。